2016年04月01日

「どう話すか」であなたは決まる


こんにちは、高津和彦です。

ここ数年、ベストスピーカー定期セミナー以外に、個人レッスンの受講も増加傾向です。
そんな先日のあるレッスンの出来事から確信した、話し方の真髄について話します。

********************************

セミナーやレッスンでは、どう言えばもっと印象強く相手に伝わるかを、
受講生自身がスピーチした後、全くそのスピーチと同じ内容で僕自身が話す。

その事実を基に、僕が勝手に組み替え、強調し、アレンジして、
言い換えて話すわけだ。

つまり受講生の話した内容で、その場で即座に見本を見せる。


「何で一回聞いただけでそんなに話せるんですか!先生?」
「実際、開発した僕が言うより、ほんとにすごくインパクトあります!」

こんなふうに、僕の話をみんなすごいって言ってくれる。


昨日のエグゼクティブ個人レッスンで。

「本人の意に反して」執行役員に昇格してしまって、新入社員の前で
スピーチしないといけなくなったということで受講されたA氏。

スピーチをされて。

良い内容を言っているのだが、

言葉が弱い。
回りくどい。
盛り下がる。

感動しない、フツーのはなし。


僕、「じゃ、今あなたの言った内容でスピーチしてみよう」

スピーチ終わって。
A氏、「すごいです! 感動です! なんで1回聞いただけでそんなふうに話せるんですかっ!?」


僕「社長がAさんと僕のスピーチを聞き比べたら、どっちが次期社長と思う?」
A「先生です・・・」
僕「それ、くやしくない?そんな、仕事のこと何も知らない僕がポッと話して、
その話だけで自分より上だと思われてしまうなんて」
A「くやしいです・・・」
僕「だったら、あなたの仕事にふさわしい話し方しようよ」

その後のA氏の取り組みはガラリと変わったすばらしいものだった。
受講後の成果は言うまでもない。

「今日は人間が変わりました」と言って帰っていった。


結論。

人は何を言うかではなく、「どう話すか」なんだ。

「どう話すか」で、あなた自身が決まるのです。
人はそれを見てすべてを判断する。

posted by パブリックスピーキング・トレーナー高津和彦 at 17:00| 指導者

■話し方セミナー / 【ベストスピーカー】 1日集中の少人数制講座/個人レッスン  東京・大阪・名古屋

■プレゼンテーションセミナー / 【ベストプレゼン】1日集中少人数制講座 東京・大阪・名古屋