2014年12月19日

やる「気」は行動に現れる


こんにちは、高津和彦です。
今回は修了生の"ベストスピーカー的"意欲あふれるエピソードをお話したい。
皆さんにとっても、来年度の活躍につながるような参考になる話です。

**************************************************

先週の土曜、ベストスピーカースタッフ講師による「プレゼンテーション・シナリオ基礎講座」を開催した。
師走の忙しい時期にも関わらず熱心な方たちが参加され、非常に集中したセミナーだった。
これは、講義+ショートワークのスタッフ講師の企画の2時間セミナーなので、僕はレクチャーしない。

が、セミナー後に以前の修了生も交えた忘年パーティを主催していたので、終了直後、研修室に入った。

講師スタッフが、
「前回受講のAさんが来られてますよ!さっきのセミナーでは、さすがのショートプレゼンをされたんですよ!
みんな、『おぉ〜』って言ってました!」
と言う。
さすが、僕の講座を即、生かしてるんだ。
するとAさん、間髪入れず
「先生!僕のプレゼン聞いてもらえます?」
え?今講座終わってまだやりたいの?

僕 「いいよ」
Aさん「特別料金なしで?(笑)」
僕 「当たり前でしょ(笑)」

そこでAさん、ほんとに前の方にスッスッと行ってさっきやったというプレゼンを始めた。
僕はいくつかのピンポイントの指摘と改善法を示した。
他の参加者も彼のプレゼンを見ていたので「なるほど!」と言いながら真剣に聞いていた。


この、瞬間、前に出る「気」。
これが必要なんだ。

講師の僕をして「指導料なんかいらないよ。ぜひ聞かせてくれよ。」の気にさせる、この前向きの気。


僕は嬉しかった。
そんなベストスピーカーがまた1人、活躍してくれていることが!

自分でまだやるのと、人のやるのを見るのと、
居るには居るけど見もしないのと、講座が終わったらさっさと一人で帰る、これらの違い。
大きな差が後々出てくるのは分かるだろう?
皆さんはもう大人だから、僕はそうしろというようなことは何も言わない。
それは一人一人の自分のことだからね。

がんばってくださいね。
posted by パブリックスピーキング・トレーナー高津和彦 at 17:10| プレゼンテーション

■話し方セミナー / 【ベストスピーカー】 1日集中の少人数制講座/個人レッスン  東京・大阪・名古屋

■プレゼンテーションセミナー / 【ベストプレゼン】1日集中少人数制講座 東京・大阪・名古屋